{blog_description}

三菱スペース・ソフトウエア
検索 by Google

ニュースリリース

三菱スペース・ソフトウエアとジェノミディアが事業化

次世代核酸医薬siRNA向けドラッグデザイン受託サービスを開始


三菱スペース・ソフトウエア株式会社(以下、MSS)は、アンジェスMG株式会社の関連子会社であるジェノミディア株式会社(以下、ジェノミディア)と共同で、次世代の核酸医薬として期待されているsiRNA向けのドラッグデザイン受託サービスを開始いたしました。
昨年7月26日の発表通り、MSSとジェノミディアは、siRNA向けのドラッグデザインシステムを開発しておりました。その後、MSSはsiRNA配列設計ソフトウエア“siSNIPER”を開発し、ジェノミディアによるHVJエンベロープベクターを応用した高速機能解析システムを利用した実証実験を重ね、ドラッグデザインシステムとしての精度を高めてまいりました。そして完成したドラッグデザインシステムをもとに、4月より合成メーカー、製薬・試薬メーカー、研究機関等からのsiRNA向けのドラッグデザイン受託サービスを開始しました。


siRNAとは、分子標的となる遺伝子(mRNA)の一部と同じ配列をもつ短い二本鎖RNAのことで、遺伝子の働きを効率良く抑制する事が出来ます。これまでのゲノム解析により、疾患に関連する遺伝子の過剰な働きが、様々な病気の原因となっていることがわかってきました。そこで、異常な働きをする遺伝子を効率良く抑制できる治療薬の開発が切望されています。そのため、遺伝子の働きを抑制できるsiRNAは、抗体医薬に次ぐ新しい分子標的医薬の候補として注目されています。しかし、siRNAは、配列デザインによって有効性や副作用が大きく異なります。ヒトのように多数の遺伝子の働きが複雑に調節されている場合には、医薬品として安全で有効性の高い配列をデザインすることが重要な課題とされてきました。この課題を解決するために開発されたのがMSSとジェノミディアのドラッグデザインシステムです。


化合物を中心とする従来の医薬品では、100万種類以上の新薬候補物質の中から、医薬品に適した物質をランダムに絞りこむハイスループットスクリーニング法が主流でした。しかし、最近では疾患の原因となる遺伝子や蛋白質を標的分子として、立体的な構造にもとづいた合理的なドラッグデザインを行って新薬候補の絞り込む手法も注目されています。 MSSとジェノミディアが共同開発したドラッグデザインシステムは、疾患の原因となる遺伝子を分子標的として、その働きを効率よく調節できるsiRNAを、合理的なシミュレーションによりデザインするシステムです。本システムは、疾患遺伝子の配列から医薬品に適したsiRNAの配列を検索し、siRNAをベースとする核酸医薬開発に直接利用できる上に、従来型の医薬品開発のための標的分子の発見にも応用できるので、広範囲の医薬品開発に対して、スピードアップやコスト削減が期待できます。


MSSとジェノミディアは、合成メーカー、製薬・試薬メーカー、研究機関等からのsiRNAドラッグデザイン受託サービスを開始したほか、今後はシステム、ソフトウエアのライセンスアウトや販売についても進める予定です。


なお、siRNAドラッグデザインシステムは、近畿経済産業局による平成16年度地域新生コンソーシアム研究開発事業として開発されました。

以上





バイオインフォマティクス HOME 事業の沿革 お問い合わせ サイトマップ 三菱スペース・ソフトウエア HOME