{blog_description}

三菱スペース・ソフトウエア
検索 by Google

ニュースリリース

三菱スペース・ソフトウエアとジェノミディアが共同開発

次世代の核酸医薬siRNA 向けドラッグデザインシステムを完成



この度当社(以下、MSS)は、アンジェスMG株式会社の関連子会社であるジェノミディア株式会社(以下、ジェノミディア)と共同で、
次世代の核酸医薬として期待されているsiRNA 向けのドラッグデザインシステムを開発いたしましたのでお知らせ致します。
MSS とジェノミディアは、今後、HVJ エンベロープベクター高速機能解析システムを用いてドラッグデザインシステムの精度を高め、
来年度にも、製薬会社向けのsiRNA 向けのドラッグデザイン受託サービスを開始する予定です。

siRNA とは、標的となる遺伝子(mRNA)の一部と同じ配列を有する短い二本鎖RNA のことで、遺伝子の働きを強力に抑制する特徴を有
しております。様々な疾患は、疾患に関係する遺伝子が過剰に働くことが原因とされているため、標的遺伝子を強力に抑制することがで
きるsiRNA は、次世代の核酸医薬として、近年特に期待が高まってまいりました。しかし、siRNA は、選択する配列によって活性や副作
用が大きく異なるため、ヒトのように遺伝子ファミリーが存在する場合に標的遺伝子のどの部分の配列を利用するかを決定することは重要
な課題とされてきましたが、これまでは有力な手法がありませんでした。この課題を解決することを目的に開発されたのがMSS とジェノミ
ディアのドラッグデザインシステムです。

化合物を中心とする従来の医薬品では、新薬候補物質の効率的な選択方法として、大量に合成したサンプルの中から、医薬品として適した
物質を絞りこむランダムスクリーニング法が主流です。しかし、この手法は大量のサンプルを必要とするため、製造コストが高いsiRNA に
は適していません。このため、ジェノミディアは、MSS と共同で、疾患の原因となる標的遺伝子を強力に抑制し、かつ、特異性が高く副作
用の少ないsiRNA 配列を選択できるドラッグデザインシステムの開発を進めてまいりました。両社によって開発されたこのシステムは、大
量のサンプルを必要とせず、標的遺伝子から医薬品として適したsiRNA の配列を検索することができます。

ジェノミディアは、今後、HVJ エンベロープベクター高速機能解析システムを用いて、多数のsiRNA を高速で機能解析し、他方、MSSはこの機能解析から得られるsiRNA
の配列、活性及び安全性の情報を蓄積し、ドラッグデザインシステムとしての精度を高めることにしております。
事業化については、来年度には製薬会社向けのsiRNA ドラッグデザイン受託サービスをsiRNA合成メーカーと協業で開始する予定。またソフトウ
ェアとしてパッケージ化してご提供する予定です。
(製品名:“siSNIPER”)

また将来的には、siRNA ドラッグデザインシステムをインフラ基盤として、遺伝子機能受託解析や機能解析データベースの製作および販売、
さらには、ジェノミディアにおいてsiRNA の医薬探索研究を実施する予定です。
なお、siRNA ドラッグデザインシステムは、近畿経済産業局による平成15年度地域新生コンソーシアム研究開発事業として開発されました。

以上





バイオインフォマティクス HOME 事業の沿革 お問い合わせ サイトマップ 三菱スペース・ソフトウエア HOME