三菱スペース・ソフトウエア

企業情報 - COMPANY

沿革

1962年3月
三菱電機株式会社を中心とする三菱グループの主要企業と米国TRW社との合弁により、プロセス・コントロール・システム及びシリコン半導体製品の製造・販売を目的とする三菱テー・アール・ダブリュ株式会社として発足
1966年6月
TRW社と宇宙分野の技術の実施権及び技術交換契約(期間10年間)を締結。
1968年2月
科学技術庁宇宙開発推進本部の宇宙開発計画に参画、同分野のシステム・エンジニアリング作業を開始。
1968年4月
資本金5億円とする。
1970年3月
丸の内の三菱電機ビルより、現在の浜松町の世界貿易センタービルに本社を移転。
1974年10月
TRW社との合弁事業契約を終了。
1976年6月
三菱スペース・ソフトウエア株式会社と社名を変更。
1978年7月
製造部門の拡充発展に伴い、鎌倉分室(現、鎌倉事業部)を開設。
1982年4月
通信制御分野へ進出。
1984年5月
通信制御分野事業の拡大に伴い、関西地区の拠点として通電分室(現、関西事業部)を開設。
1986年7月
防衛システム技術分野へ進出。
1988年4月
システム研究所(現、鎌倉事業部)を開設。 「H-Iロケットの開発」の功績により日刊工業新聞社選定「第17回日本産業技術大賞・内閣総理大臣賞」を受賞。
1988年5月
筑波分室(現、つくば事業部)を開設。
1988年12月
通商産業省(当時)よりシステムインテグレータとして認定。
1989年1月
関連会社「日本アドバンス・テクノロジー株式会社」を設立。
1990年5月
有人宇宙システム株式会社に資本参加。
1991年
カーナビゲーションシステム分野へ進出。
1992年10月
システム運用センター(現、鎌倉事業部)を開設。
1993年
DNA情報管理利用システム分野へ進出。
1994年
ETC(ElectronicTollCollection)システム分野へ進出。
1995年
防災システム分野へ進出。
1995年4月
情報エンジニアリングセンター(現、つくば事業部)を開設。
1998年6月
つくば、鎌倉、関西、三事業部体制を導入。
2000年
ゲノム解析及びSI(システムインテグレーション)事業の拡大。
2000年3月
ISO9001認証取得。
2000年7月
東京地区にSE拠点を設置。
2002年11月
新衛星ビジネス株式会社に資本参加。
2003年
セキュリティ分野、インターネット・通信分野へ進出。
2003年4月
ISO14001認証取得。
2004年4月
東京事業部(当時)を開設し、東京、つくば、鎌倉、関西、四事業部体制を導入。
2006年4月
JISQ15001/プライバシーマーク認定取得。
2006年9月
ISO27001/ISMSの全社統一認証取得。
2007年3月
創立45周年。
2008年10月
営業本部体制を導入。
2009年4月
東京事業部を再編し、つくば、鎌倉、関西、三事業部体制を導入。
2010年10月
中部地区(名古屋)に営業拠点を設置。
2012年2月
中部分室(現中部事業所)を開設。
2012年3月
創立50周年。
2013年4月
中部地区(名古屋)に中部事業所を開設。