MSSはお客様のビジネスドメインに合わせたソリューションのご提案を行います。

三菱スペース・ソフトウエア
検索 by Google
バイオインフォマティクス HOME 事業の沿革 お問い合わせ サイトマップ 三菱スペース・ソフトウエア HOME 業態別
HOME > 業態別

業態別

業種業態別に当社のソリューションをご紹介しています。


分野別
食品
食品
環境
環境
医療
医療
計測
計測
材料
材料
大学・研究機関
大学・研究機関

食品

昨今の健康志向ブームに乗って、機能性食品や特定保健用食品(いわゆる特保)、が登場したことで、消費者の意識も変化してきました。 これらの食品の開発には微生物を利用した技術が不可欠ですが、微生物の機能を解析する際にバイオインフォマティクス技術が活用されています。

食品イメージ

有用微生物の遺伝子解析

とかくヒトゲノムが話題の中心になりますが、納豆やヨーグルトなど私たちが口にする様々な食品には、納豆菌や乳酸菌などの微生物が深 く関与しています。 微生物の中で比較的良く研究されている大腸菌や酵母のデータを元に、系統解析や、比較ゲノムなどの遺伝子発見手法を用いてアノテーシ ョン付けを行い、対象微生物の遺伝子機能を予測する試みが行われています。

機能性食品のための遺伝子機能予測

パスウェイ解析による副産物生産過程の制御

お酒や醤油などの発酵・醸造食品の生産には酵母やかびなどの微生物が利用されていますが、それらは必ずしも物質生産に適した代謝機能だけを持っているわけではありません。
そこで、系統解析比較ゲノム解析の結果、さらには文献検索の結果を駆使して、代謝パスウェイを同定し、望ましくない副産物の生産を抑える試みが行われています。

発酵過程におけるアンモニア生産の抑制

遺伝子解析による生産効率の向上

微生物や酵素を利用して食品添加物などの有用物質の生産が行われていますが、製造プラントを工夫するだけでは、生産効率を向上させることはなかなか難しいようです。
そこで、微生物の持つ物質生産に関する遺伝子を系統解析文献検索などから探し出し、パスウェイを予測、さらには、それらを制御することで生産効率を飛躍的に向上させる試みが行われています。

目的タンパク質の大量生産


利用可能なソリューション例(上記テーマ共通)
系統解析 アノテーション 比較ゲノム パスウェイ解析 文献検索
トップページへ

環境

私たちを取り巻く環境の保全に必要な、排水・大気中有害物質の分析・処理技術、熱設備などのエネルギーの効率的利用および 微生物・酵素の産業的利用技術に関する研究開発にバイオインフォマティクス技術が活用されています。

環境イメージ

汚染マーカ

環境汚染物質を分解する酵素を持つ微生物を解析することで、環境汚染のためのマーカに利用する試みが行われています。 対象微生物のゲノム/遺伝子が解析されていない場合には、系統解析比較ゲノムを活用してアノテーション付けを行いながら、目的の機能遺伝子を突き止めていきます。

環境にやさしい防腐手段開発のための木材の分解腐食メカニズムの解明(リグニン分解酵素)

極限環境微生物の遺伝子解析

火山の噴火口や深海の奥深くに生息する微生物のゲノム/遺伝子を直接解析したり、それが難しい場合には、近縁の生物種との比較ゲノム解析を行うことで、強力な酵素を大量に生産したり、合成洗剤に応用したりする試みが行われています。

極限酵素の産業応用

生物農薬

生物農薬は、自然界に存在する微生物や天敵昆虫を農薬として用いたもので、代表的なものとしてBT剤(昆虫病害菌であるBacillus thuringiensisの産出する結晶性タンパク毒素を製剤化したもの)があります。
このように、対象微生物のゲノム/遺伝子機能解析から得られた結果をアノテーション情報として管理し、様々な機能改変を行うことで、環境にやさしい農薬を開発する試みが行われています。

微生物による植物病原菌抑制メカニズムの解析


利用可能なソリューション例(上記テーマ共通)
系統解析 アノテーション 比較ゲノム パスウェイ解析 文献検索
トップページへ

医療

乳がん治療薬「ハーセプチン(一般名:トラスツズマブ)」はゲノム創薬の先駆けとも呼べる製品です。今後のゲノム創薬の発展には ケモインフォマティクスやバイオインフォマティクスが欠かせません。

医療イメージ

ゲノム創薬

従来からのヒューリスティックな手法ではなく、ヒトゲノムプロジェクトの成果(SNPsなど)を活用して、医薬品を効率的かつ論理的に開発する手法です。
近年の研究成果から、がんや糖尿病などは遺伝子が深く関与した疾患であることがわかってきましたので、特許検索や文献検索などにより、他社に先駆けて、原因となる遺伝子を見つけることや、それら遺伝子の構造情報から医薬品の元になる化合物を効率良くスクリーニング(化合物クラスタリング)すること、さらには、これらの様々なデータをアノテーションシステムで管理することは事業戦略上、非常に重要になっ てきています。

ターゲット探索, 化合物スクリーニング/クラスタリング


利用可能なソリューション例
アノテーション SNPs検索 特許検索 化合物クラスタリング

遺伝子治療

RNA干渉技術を遺伝子治療に応用する試みが行われています。
特許検索を駆使して、他社の特許に抵触しないようなsiRNA配列を設計できることは大きなアドバンテージになるでしょう。

RNA干渉(siRNA)


利用可能なソリューション例
特許検索 siRNA配列設計

ファーマコゲノミクス

個人のゲノム情報を利用して、被験者(患者など)に対する薬物効果を上げるとともに、副作用を抑えるための取組みが始まっています。

HW平衡検定、T検定


トップページへ

計測

バイオインフォマティクス技術を利用したバイオ計測ツールとしては、マイクロアレイが最も普及していますが、データ解析だけではなく、 マイクロアレイのプローブやPCRに利用するプライマの配列設計にもバイオインフォマティクスが活用されています。

計測イメージ

DNAマイクロアレイ

注目している遺伝子について独自にマイクロアレイを用いた実験を行う場合には、遺伝子特異的なオリゴプローブを設計する必要があります。
その際に、クロスハイブリダイズやミス・アニーリングを防ぐために、ホモロジー検索マルチプルアライメントなどのバイオインフォマティクス手法が活用されています。

マイクロアレイ設計/製造


利用可能なソリューション例
ホモロジ検索 マルチプルアライメント オリゴ設計
トップページへ

材料

生物のもつ酵素機能を解析することで、紙・パルプの生産効率を向上させる試みが行われていますが、遺伝子探索や機能解析の分野で バイオインフォマティクスが利用されています。

材料イメージ

有用微生物の遺伝子解析

紙・パルプ生産において特に注目されているのが、キノコ菌だけが生産できるリグニン分解酵素の働きです。 しかし、キノコ菌のゲノムにはあまり詳しいアノテーションがついていませんので、他の生物との比較ゲノムなどを行い、機能解析を進めることで、リグニン分解の仕組みを理解する試みが行われています。

製紙産業におけるパルプ生産の効率化(リグニン分解酵素の応用)


利用可能なソリューション例
系統解析 アノテーション 比較ゲノム パスウェイ解析 文献検索
トップページへ


大学・研究機関

分子生物学や生化学などの研究を支援するためだけでなく、バイオインフォマティクスを専門とする人材を育成するためにも バイオインフォマティクスシステムが導入され始めています。

大学・研究機関イメージ

教育用システム

大学やバイオ人材養成のためのNPO法人などでは不特定多数のユーザに対して統一的に操作可能なホモロジー検索モチーフ検索マルチプルアライメントなどのバイオインフォマティクスツールの利用環境をご提供します。
さらに、公共DBの自動ダウンロードシステムを併用することで、システムを常に最新の状態に維持することができます。

代表的なツールを実装したオールインワンのポータルシステム(複数利用可)


利用可能なソリューション例
ホモロジ検索 モチーフ検索 マルチプルアライメント 公共DBの自動ダウンロード

研究支援システム

研究に必要な様々なバイオインフォマティクスツールやデータベースを統合し、研究室や研究部門、センターなどスケールに応じたH/W+S/W環境をご提供します。

研究に必要な新規モジュールを都度追加することが可能なフレキシブルなシステム


利用可能なソリューション例
系統解析 アノテーション 比較ゲノム オリゴ設計 実験支援 文献検索
トップページへ