MSSのバイオインフォマティクス事業の歩みをご紹介します。

三菱スペース・ソフトウエア
検索 by Google
バイオインフォマティクス HOME 事業の沿革 お問い合わせ サイトマップ 三菱スペース・ソフトウエア HOME 事業の沿革
HOME > 事業の沿革

事業の沿革

2000年 ・ ドラゴン・ジェノミクス株式会社(現:タカラバイオ株式会社)殿向けゲノム解析システム構築  
2002年 ・ 細胞シミュレータ:“E-CELL”コンソーシアム参加
・ 阪大バイオグリッドプロジェクト参加
HocDB発売
2003年 ・ 経産省地域新生コンソーシアム採択
『バイオ医薬デザイン用の高精度生体高分子機能予測システム』の開発
・ 三重大学共同研究 『Druggable遺伝子予測システム』の開発
BioINTEGRA発売
Dr.Mirror発売
MedRodeo発売
MoleShaker発売
LaboCakkeen発売
2004年 ・ <継続>経産省地域新生コンソーシアム
『バイオ医薬デザイン用の高精度生体高分子機能予測システム』の開発
・ <継続>三重大学共同研究 『Druggable遺伝子予測システム』の開発
BioINTEGRAオプションシリーズ発売
2005年 株式会社ワールドフュージョンとの共同研究開発 SISNIPER発売
BioElephant発売
2006年 ・ WabanSoftware社製品の国内総代理店契約を締結
  (→ 2009年 契約終了)
 
2008年 ・NGS(次世代シーケンサー)関連事業を立ち上げ  
2010年 ・NGS(次世代シーケンサー)向けゲノムブラウザを開発 GenomeJackリリース

国内拠点

バイオインフォマティクス事業 国内拠点
トップページへ