MSSの解析技術の特長

宇宙・航空分野で多くの実績を持つ三菱スペース・ソフトウエアの解析技術。

image

当社が提供するCAEサービスの特長は、高い品質が求められる宇宙開発分野での業務実績により得られた、多くの知見とノウハウをベースとする点です。さらに、構造・熱・軌道解析の技術分野では、以下の強みを有しており、多くのお客様から信頼を得ております。

1.軽量化と強度の両立

人工衛星等の宇宙機開発では、打上時の準静荷重や振動への耐性と同時に軽量化の実現が求められます。この様な要求を背景に、当社は単純な解析作業にとどまらず、 ターゲットとする構造物の用途や周囲の環境等を考慮した解析モデルの構築や、解析結果の定量的評価による新たな設計案の共創等、多彩なアプローチによって設計者が求める構造設計を支援します。

2.真空状態での熱解析

宇宙空間は真空の世界です。 真空状態では対流による熱の移動が起こらないため、人工衛星等の宇宙機は 地球上ではありえない -100℃~+100℃の範囲で変動する熱環境にさらされます。 当社の熱解析技術は、このような過酷な環境にさらされた人工衛星各部の温度を要求される精度で予測し、真空環境に耐える熱設計を支えます。

3.ミッションに最適な軌道設計

ミッションを達成するためには、どのような軌道でサービス(観測、通信等)を提供するかも重要なポイントになります。例えば、全球を対象とした観測が目的であれば、太陽同期軌道が一つの選択肢となりますが、センサー性能等を踏まえた最適な軌道パラメータを設定する必要があります。当社では特に、ミッションを成立させる最適な軌道を検討するフィージビリスタディでの実績を有しており、人工衛星のプロジェクトを軌道設計・解析技術で支援します。