三菱スペース・ソフトウエア

Menu

通信システム
Communication Systems
通信システム Communication Systems 通信システム Communication Systems

生活をもっと豊かにするために
社会・地域・人を情報通信でつなぎます

私たちは、「通信キャリア向けネットワーク装置・監視装置ソフトウエア」、「次世代交通ソリューションソフトウエア」、
「情報通信ネットワーク仮想化ソリューションソフトウエア」、「自動車車載通信機器ソフトウエア」などの
開発を行なっています。

通信キャリア向けネットワーク装置・監視装置

  • ・ホームネットワーク
  • ・アクセスネットワーク
  • ・コアネットワーク
  • ・メトロネットワーク

次世代交通ソリューション

  • ・通信システム
  • ・信号システム
  • ・車両システム

情報通信ネットワーク仮想化ソリューション

  • ・SDN(Software Defined Network)
  • ・ネットワーク障害時経路切替え
  • ・災害時ネットワーク網切替え
  • ・OpenFlow網仮想ネットワーク

自動車車載通信デバイス

  • ・カーナビ通信
  • ・Bluetooth
    (DUN/HFP/PAN/SPP/OPP)
  • ・WLAN
  • ・LTE/5G
  • ・外部接続
  • ・キーレスエントリー
  • 通信キャリア向けネットワーク

    IoTや高精細映像配信などを支える情報通信ネットワークは、コアネットワーク、メトロネットワーク、アクセスネットワーク、ホームネットワークといった階層で構成されており、通信会社、携帯電話会社、ケーブルテレビ会社、海底ケーブル会社など、様々な通信関連会社で成り立ちます。

    私たちは、様々なネットワーク装置の組込みソフトウエアおよび監視装置のソフトウエア開発に携わっています。

    • ・IoTゲートウェイ装置
    • ・ホームゲートウェイ装置
    • ・産業用L2スイッチ
    • ・GE-PON(Gigabit Ethernet-Passive Optical Network)装置
    • ・10GE-PON(10Gigabit Ethernet-Passive Optical Network)装置
    • ・WDM(Wavelength Division Multiplexing光波長多重分割)通信装置
    • ・OADM(Optical Add/Drop Multiplexer:光分岐挿入装置)
    • など
  • 次世代(鉄道)交通ソリューション

    次世代交通システムでは、高度なICTによって列車制御、メンテナンス、エネルギー・環境、旅客サービスがシームレスに連携されています。私たちは、列車無線のIPネットワーク化をはじめとした通信システム、信号システム、車両システムのソフトウエア開発に携わっています。

    ・通信システム
    列車無線のIPネットワーク化(デジタル無線化)による音声通話以外の情報通信
    ・信号システム
    無線通信で列車制御。列車運航信号の制御など。
    ・車両システム
    電車の運航情報(状態)監視。車内状況、空調、ドアの開閉状況など。
  • 情報通信ネットワーク
    仮想化ソリューション

    物理的に構成される従来(既存)の情報通信ネットワークと、ソフトウエアによって仮想的に構成される次世代通信ネットワーク(OpenFlow網仮想ネットワーク)との間の障害時の経路切り替え、災害時のネットワーク網の切り替え制御ソフトウエア開発に取り組んでいます。

    • ・仮想ネットワークの通信フロー制御を行うソフトウエア開発
    • ・仮想ネットワークの中に、ネットワーク専用機器を仮想的に代替動作させるNFV(Network Functions Virtualization)技術のソフトウエア開発

    に携わっています。

  • 自動車車載通信デバイス
    (自動車無線通信)

    情報通信やコンピューター制御技術の活用が進む中、私たちは、カーエレクトロニクス部品(車載デバイス)の制御ソフトウエア開発および無線通信デバイスのソフトウエア開発に携わっています。

    ・カーナビ通信(Bluetooth)
    ハンズフリー通話機等外部端末接続
    ・無線LAN通信ユニット
    ・車載アクセスポイント
    インターネットへの常時接続(ICT端末)機能を持つコネクテッデドカー

私たちは、通信装置の組込みソフトウエアから、情報系(エンタープライズ系)アプリケーションまで、
様々なシステムのソフトウエアを開発、提供しています。

システム設計技術、組込みソフトウエア開発
  • 情報通信技術/通信制御技術
    ・Bluetooth
    携帯電話、ノートパソコン等ICT端末のデータ通信用の2.4GHz帯無線通信
    ・DSRC(Dedicated Short Range Communications)
    自動車と路側の間を無線通信
    ・TCP/IP
    確認応答伝送制御型インターネット通信プロトコル
    ・UDP/IP
    誤り検出や再送要求、フロー制御等を行わないインターネット通信プロトコル
    ・CDMA(Code Division Multiple Access)
    携帯電話通信
    ・3G(第3世代移動通信システム)
    ・LTE(Long Term Evolution=4G)
    第4世代移動通信システム
    ・無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)標準規格
    ・通信セキュリティー技術(通信監視、通信暗号、認証)
  • 情報系(エンタープライズ系)
    通信技術
    • ・通信監視制御システム
      • 衛星電話
      • 列車無線
      • 光通信機器監視
      • コアメトロネットワーク監視
      • 電力需要管理システム
      • 運用支援システム
    • ・映像監視システム
      • 監視カメラシステム
      • 車内防犯システム
  • 組込み系通信技術
    ・リアルタイム処理組込みソフトウエア技術
    VXworks
    ・CP-CNT(Call Processing Control)
    衛星電話システムにおけるネットワーク層の呼制御
    ・RLC(Radio Link Control)
    衛星電話システムにおける無線区間(データリンク層)のプロトコル制御
    ・NGN-HGW(Net Generation Network-Home Gateway)
    次世代ネットワーク網を用いた一般家庭向けホームゲートエリシステム。
    ・LTE-Femto(Long Term Evolution)
    3G(第3世代移動通信システム)と高速通信を実現するための新システム(LTE)を併せ持った小型携帯基地局の制御。
    ・GE-PON(Gigabit Ethernet-Passive Optical Network)
    光ファイバーによる通信システム
    ・Wi-Fi
    米国 Wi-Fi Allianceによって認証されたIEEE 802.11規格を使用した無線LAN
    ・Bluetooth
    2.4GHz帯の近距離無線通信規格(IEEE 802.15.1)

テクニカル・アーカイブ「MSS技報」をご覧ください。

  • S/W開発現場における
    ソフトウエアプロダクトラインの
    適用と再利用部品整備の試み

    ソフトウエアプロダクトライン(Software Product Line, 以降SPLと略記する)は、ソフトウエア部品の再利用性を体系立てる手法として理解されているが、実際にソフトウエア開発現場に適応した事例は多くない。SPLの考え方を具体的にするには、共通部品を、どのような手段で実現するかを決定しなければならず、一般に、この問いに答えを与えるために、開発現場の特性や事業環境を踏まえた難しい判断が要求される。

    SPLは、中長期的なロードマップに基づく系列製品の継続的な開発を念頭に置いている。筆者所属部門のソフトウエア開発では、例えば特定の家電製品など、SPLでよく取り上げられるような典型的な系列製品開発はないが、通信・組み込み分野の継続的な開発を行っている。そのような現場で、今回我々は「ソフトウエアフレームワーク」に着目し、それにSPLの考え方を適用することで、再利用部品の定義とその開発プロセス、および再利用部品を用いた製品開発のプロセスを構築することを試みた。本稿では、その試みを報告する。

    Vol.25 2015.1.31

    詳しくはこちら(861KB)
  • (英文)
    A Case Study: Verification of Specifications of an Embedded System and Generation of Verification Items using Pairwise Testing

    Ensuring the reliability of embedded systems has become very important. Reliability may be ensured by a number of formal methods. We study one such verification technique by applying it to an in-house development product in Mitsubishi Space Software Co., Ltd. This is a practical industrial case study, we describe our approaches and present verification results. Our aim is to check the correctness of specifications which include a set of constraints on parameters individually called an evaluation item. To that end, we adopt model checking and satisfiability checking. In our study, we set conversion rules from specifications to formal models. Part of the conversion is done by hand in this study. Manual generation limits the preparation of individual evaluation items. To overcome this limitation we present an approach for automatically generating combinations of parameters for verification by applying the pairwise testing method. Finally, we present experimental results. Note that the application of formal techniques, in this setting, is still in its preliminary stages. It is intended to develop formal techniques to the point where products may be automatically verified.

    Keywords - embedded system, verification, model checking, generation of verification items, case study

    ※This report which the authers contributed to APSEC2013 is placed in this magazine under the license of the IEEE.

    Vol.25 2015.1.31

    詳しくはこちら(299KB)
  • (邦文)
    事例研究:
    組込みシステムの仕様検証と
    ペアワイズ・テスト手法を用いた
    評価項目の生成

    組込みシステムでは信頼性の確保が極めて重要である。信頼性は様々な形式手法を用いて確保できる。我々は開発製品に形式手法を適用して信頼性を検証する技術について研究している。本稿では実際の開発に形式手法を適用した事例を紹介し、そのアプローチと検証結果について説明する。本研究の目的は評価項目と呼ぶパラメータに対する制約を含む仕様の正当性を確認することであり、そのためにモデル検査と充足可能性判定を採用して検証を行った。本研究では仕様から形式モデルヘの変換ルールを設定したが、変換の一部は手動で行った。手動による変換は評価項目の生成を制限するため、ペアワイズ法を用いた検証パラメータの自動生成を試みた。最後に検証結果を提示する。形式手法の適用は現時点ではまだ予備段階にあり、製品の自動的な検証に向けて形式手法を発展させていきたいと考えている。

    キーワード:組込みシステム、検証、モデル検査、検証項目の生成、ケーススタディ

    ※本論文はAPSEC2013に投稿したものをIEEEの許諾の下で翻訳し、掲載するものである。

    Vol.25 2015.1.31

    詳しくはこちら(535KB)
  • 無線回線制御技術の進化と深化

    無線通信分野は、<第1世代(1G)>アナログ方式の携帯電話(FDMA方式)、<第2世代(2G)>デジタル方式携帯電話(TDMA方式)、<第3世代(3G)>デジタル方式携帯電話(W-CDMA方式)と無線周波数の有効利用に向けたデジタル化が進むと共に、インターネットの普及によるパケット伝送の需要が急増、低コスト化・高速化・低遅延化のための伝送技術の標準化、さらに次世代への大容量高速通信化へと変化を遂げている。

    無線回線制御技術においても、制御するデータ量ならびにユーザー数(呼数)が増大し、リアルタイム組込ソフトウエアの重要性が高まる中、当社は、通信制御装置の組込ソフトウエア開発に従事し、時代に応じた市場の発展に伴うキャリアの要求に応えるべく、経験を積んできた。

    本論文では、これまでの開発経験を踏まえた無線回線制御におけるソフトウエア設計に関する変遷(構造化設計からオブジェクト指向へ)、ならびに、アーキテクチャの進化と深化について述べる。

    Vol.22 2012.3.30

    詳しくはこちら(457KB)

お問い合わせ

お問い合わせ
PAGE TOP