三菱スペース・ソフトウエア

Menu

宇宙システム
Space Systems
宇宙システム Space System 宇宙システム Space System

日本の宇宙開発とともに歩んできた技術とプライド

三菱スペース・ソフトウエアは、日本の宇宙開発の歴史とともに、
ロケット開発、人工衛星・宇宙機開発、地上管制システム開発と運用支援に携わってきました。

創業当初より、日本の宇宙開発を支援してきました。基幹ロケットの航法誘導技術をはじめ、人工衛星のシステム開発や熱・構造解析、運用支援まで、
先進技術と経験を駆使し、確かな実績と信頼を築いています。

ロケット開発

  • ・ミッション解析
  • ・飛行シミュレーション
  • ・航法誘導ソフトウエア

宇宙機開発

  • ・ロボットアーム
  • ・運用設計/運用支援
  • ・誘導制御ソフトウエア
  • ・分散シミュレーション

人工衛星開発

  • ・構造解析
  • ・熱解析
  • ・軌道解析
  • ・衛星シミュレータ
  • ・誘導制御ソフトウエア

人工衛星/宇宙機運用支援

  • ・地上運用システム開発
  • ・運用設計/運用支援
  • ・分散シミュレーション

光学/レーダー画像処理

  • ・光学画像処理
  • ・レーダー画像処理
  • ・大容量画像データ処理

地上管制システム開発

  • ・軌道設計/衛星管制
  • ・運用計画
  • ・撮像計画
  • ロケットの航法・誘導と
    飛行シミュレーション

    H-Iロケットから、現在主力のH-IIA、H-IIBロケット、開発中のH-Ⅲロケットにいたるまで、基幹ロケットの開発に携わっています。
    人工衛星のミッション解析と軌道設計
     ロケットに搭載する人工衛星に課せられた”任務、目的”の内容分析、それに基づく適切な軌道の選択・設計。
    ロケットのミッション解析と軌道設計(誘導・制御設計)
     静止衛星の静止軌道、周回衛星の周回軌道の選択・設計に基づく、ロケットの打ち上げ時刻、軌道・誘導・制御設計。
    ロケットの飛しょう運動モデル化と解析
     ロケットの搭載物(人工衛星や燃料)に基づく飛しょう運動モデル化、運用計画、打ち上げ能力評価、航法誘導制御系検討などに利用する飛行シミュレーションプログラムの開発
    ロケット搭載プログラム開発
     実機搭載する航法・誘導ソフトウエア開発

  • 宇宙機運用支援

    国際宇宙ステーション(ISS)の中で最大の『日本実験棟「きぼう」(JEM:JEM:Japanese Experiment Module)』の開発、地上運用設備の開発および運用支援を行なっています。また、JEM全体の構造数学モデルを用いた解析、JEM全体システムに係る構造数学モデルの統合、軌道上荷重解析JEMロボティクス解析・検証ツール、地上リアルタイム運用設備の開発に携わっています。

  • 衛星光学画像処理

    月面探査機「かぐや」では、フィージビリティー・スタディの段階からプロジェクトに参画し、実運用システムの開発、一般公開用プロダクトの作成まで一貫して手掛けました。月面撮像/分光機器(LISM)データ輝度校正・幾何補正システムの開発から、月面日照・日陰分布図の作成方法の検討やかぐや統合解析用地図作成方法の検討を実施してきました。その他、複数の衛星ミッションにおける光学画像処理システムの開発・解析を担当しています。

    • ・月面ローバ搭載ステレオカメラを用いた経路計画ソフトウエアの開発
    • ・日本初の宇宙用ハイパースペクトルセンサーHISUI画像処理システム開発
    • ・地球観測用小型赤外カメラCIRC画像処理システム開発
    • ・各種衛星画像データを用いた時系列変化検知手法の研究・開発
    • ・超小型衛星UNIFORM-1画像処理システム開発
  • 衛星レーダー(SAR)画像処理

    様々な人工衛星に搭載された合成開口レーダー(SAR)の画像処理ソフトウエアの開発に携わっています。

    • ・高性能マイクロ波放射計2(AMSR2)の定常校正作業
    • ・GOSAT高次処理制御ソフトウエア
    • ・AMSR-E処理ソフトウエア。AMSR-E/AMSRシステム管理ソフトウエアの維持改訂及び運用支援。
    • ・GCOM-W1軌道モニタシステムの機能付加及びパラメータチューニング作業。第一期水循環変動観測衛星(GCOM-W1) 搭載高性能マイクロ波放射計2(AMSR2)高次アルゴリズム開発・処理環境の機能追加。
  • 大容量画像データ処理技術

    2014年10月に打ち上げられた静止気象観測衛星で世界初のカラー画像を提供するひまわり8号・9号の大容量画像データ処理技術開発に携わりました。ひまわり8号は、先代のひまわり7号の観測バンド数5種に対して16種となり (可視域:R/G/B 3バンド、近赤外域:3バンド、赤外域:10バンド)、水平解像度2倍の可視赤外放射計(Advanced Himawari Imager)により3倍の観測頻度で観測される大容量センサーデータ(データ量はひまわり7号比で約50倍)を動作モードに応じてバンド別データを衛星内で一次処理して地上局に大量データを下ろす処理ソフトウエアの開発に携わりました。

  • 分散シミュレーション技術

    ネットワーク接続された複数のコンピューター上で動作するシミュレーションプログラムを連携させたり、1つのシミュレーションプログラムを機能分解して複数のコンピューターに分散配置して実行することが可能な、HLA(High Level Architecture)規格の分散シミュレーション技術を提供してきました。

    • ・分散オブジェクト指向フレームワーク
    • ・通信処理やシミュレーション制御を単純化した独自通信プロトコル
    • ・分散モンテカルロシミュレーション

テクニカル・アーカイブ「MSS技報」をご覧ください。

  • ツール類

お問い合わせ

お問い合わせ

※上のボタンを押すと問い合わせフォームが立ち上がります。ご利用ください。
PAGE TOP