三菱スペース・ソフトウエア

Menu

公共・IT
Public Systems
公共・IT Public Systems 公共・IT Public Systems

社会のさらなる発展へ
価値あるソリューションを提供します

三菱スペース・ソフトウエアは、社会発展への貢献を理念に、
公共事業、公共システム開発、交通・通信システム開発、
行政業務システム開発、行政サービス支援などに携わってきました。
現在も、新たな業務分野の専門知識を高め、最新のIT技術を取り込みながら、
業務要件・課題解決に適したシステムを提供し続けています。
また、さらなるIT活用による未来の高度道路交通システムなどのシステム開発にも取り組んでいます。

経験豊富なエンジニアの業務知識とIT技術をもとに、道路交通システムから行政業務システムまで
様々な公共システムに、技術提供、システム受託開発、システム運用サービスなど多彩な業務を提供しています。

社会インフラ(交通)システム

  • ・電子料金収受システム(ETC)
  • ・ダイナミックマップシステム
  • ・航空管制情報表示システム
  • ・複数センサーデータ融合(データフュージョン)技術

公共システム(行政基盤システム)

  • ・情報基盤(情報処理ネットワーク)システム
  • ・統計処理システム
  • ・情報公開システム
  • ・業務処理システム
  • ・マルチOS/マルチベンダー
  • ・サーバー仮想化/ストレージ仮想化/ネットワーク仮想化技術
  • ・仮想デスクトップ技術
  • ・分散ファイル管理技術
  • 交通等社会インフラ関係
    システム開発
    ・電子料金収受システム(ETC:Electronic Toll Collection System)
    ETC/DSRC(*)路側無線通信制御ソフトウエア開発
    (*1)DSRC(Dedicated Short Range Communications):通信距離数メートルの車両との無線通信に特化して設計されたセンチメートル波帯の無線通信技術
    ・高度道路交通システム
    自動運転を支えるデータ基盤(ダイナミックマップ)に利用される高精度3次元実データ生成ソフトウエア開発
    ・航空管制用情報表示システム
    航空機離発着の過密化に対応した航空管制用情報表示(高精度な航空機の位置・速度・方向等)ソフトウエア開発支援
  • 行政等公共業務関係
    システム開発・運用・保守
    ・統計処理システム
    国の統計法に基づき行われる公的統計調査システムの開発/情報基盤システム構築
    ・行政情報統計システム(年報作成システム)
    官公庁向け統計年報作成支援システムの開発・保守
    ・インターネット情報公開システム
    官公庁向けWeb公開システム、インターネットテレビシステム、メールマガジン等インターネット利用システムの開発・保守
    ・情報ネットワークシステム運用管理
    官公庁、国立研究開発法人、独立行政法人向け計算機システムおよびコンピューター・ネットワークの設計・構築、運用・保守
    ・財務会計システム
    独立行政法人向け財務会計システムの開発・保守
    ・資産管理システム
    独立行政法人向け資産利用状況調査・管理システム、情報資産管理システムの開発・保守
    ・旅費精算システム
    独立行政法向け出張等旅費精算システムの開発・保守
    ・勤務時間管理システム
    官公庁向け勤務時間管理システムの開発
    ・文書管理システム
    官公庁、独立行政法人向け電子文書作成・管理システムの開発・保守
    ・業務処理システム
    汎用(一般商用)ソフトウエアでは対応できない特殊業務、大規模組織に対応した業務処理システム、電子決済システム(ワークフローシステム)の開発・保守
  • システムインテグレーション技術
    ・マルチOS/マルチベンダー(ハードウエア、ミドルウエア)対応
    ・サーバー仮想化、クラウド管理(Cloud Stack)
    ・ストレージ仮想化(SDS)
    ・ネットワーク仮想化(SDN)
    ・仮想デスクトップ(シンクライアント化)
    ・分散ファイル管理システム
    ・高速演算処理システム設計・構築
  • アプリケーション開発技術
    ・リアルタイムシステム(組込みソフトウエア)
    ・ソフトウエアパッケージ化
    ・フレームワーク利用技術
    ・汎用(一般商用)ソフトウエア利用開発技術
    ・オープンソースソフトウエア利用開発技術
    ・DSRC無線通信制御技術
    反射波、隣接端末との混信、不安定な電波状態等による悪影響を抑えたデータ通信制御技術
    ・複数センサーデータ融合(データヒュージョン)技術
    様々なセンサーや複数の同一センサーから得られる異なるデータを、特殊な数理アルゴリズムによって連結(データ融合)し、目標情報の高精度同定や個別のデータからでは得られない、複合的な知見を得る技術
    ・ビッグデータ解析技術
    DWH(Data Warehouse:データウエアハウス)、データマイニング、R言語
    ・秘匿通信制御技術

テクニカル・アーカイブ「MSS技報」をご覧ください。

お問い合わせ

お問い合わせ

※上のボタンを押すと問い合わせフォームが立ち上がります。ご利用ください。
PAGE TOP