三菱スペース・ソフトウエア

Menu

航空システム
Aviation Systems
航空システム Aviation Systems 航空システム Aviation Systems

信頼の情報処理技術をもとに、
航空システムの開発に貢献しています

三菱スペース・ソフトウエアは、日本の航空産業の中で航空安全技術、航空管制技術、航空環境技術など、
航空分野の安心・安全技術に係わる技術・研究開発に携わっています。
また、計測・解析技術、シミュレーション技術をはじめ、
長年の実績で培ってきた情報処理技術により、国産ジェット旅客機開発支援や
新しい航空関連技術開発にも携わっています。

当社は、航空安全の要素技術の研究支援から
航空機開発に関わる安全性・信頼性解析、シミュレーション、試験データ解析、
ソフトウエア装備品認証に関わる業務を通じて培った技術をもとに航空産業での高品質なソリューションを提供しています。

航空機設計支援

  • ・風洞実験データ処理
  • ・熱・構造解析
  • ・空力モデルシミュレーション
  • ・安全性解析
  • ・信頼性解析

航空機開発保証

  • ・型式証明文書管理
  • ・ソフトウエア開発保証
  • ・ソフトウエア形態管理
  • ・試験計画/試験データ管理

航空技術研究支援

  • ・乱気流事故防止技術
  • ・突風応答軽減制御技術
  • ・災害対応航空情報収集・共有技術
  • ・次世代運航管理技術

航空機動態情報提供

  • ・受動型二次監視レーダー
  • ・Web-GIS技術
  • ・大容量データ処理技術
  • 航空安全技術研究開発支援
    ・乱気流事故防止機体技術の実証
    乱気流の危険度を識別する処理アルゴリズム開発及び検出情報をパイロットに提供する表示装置のソフトウエアを開発しています。
    ・航空機の突風応答軽減制御シミュレーションソフトウエア開発
    突風応答軽減制御技術の検討のために航空機のシミュレーションソフトウエアの開発を支援。風計測センサーのモデル化、および予見制御則モデル化航空機の剛体としての6自由度運動を模擬するソフトウエアを開発しています。
    ・災害対応航空情報収集・共有技術
    JAXAが研究開発している災害救援航空機統合運用システムのうち、情報統合サブシステムと任務支援サブシステムを開発しています。
    ・次世代運航管理システム開発
    JAXAを支援し、航空機の後方乱気流管制間隔を短縮した際の安全性検討を行いました。
  • 国産旅客機開発支援
    ・設計支援
    熱・構造解析
    空力モデルシミュレーション
    安全性解析、信頼性解析
    ・開発保証
    型式証明(TC:Type Certification)文書管理
    DO-178ガイドラインに従ったソフトウエア開発保証プロセス
    ソフトウエア開発保証
    航空機搭載機器組込み
    ・試験支援
    地上試験/飛行試験
    飛行試験データ解析/整理
  • 航空機動態情報提供サービス
    ・SPACE RADARサービス
    PSSR装置で取得した航空機の運航情報を集約し、Webベースで地図上に航空機の情報を表示し、配信するサービスです。空港周辺の騒音監視などに利用されています。

    詳しくはこちら 》

  • 風洞計測システム

    超音速風洞および遷音速風洞のデータ処理設備ほかシステム改修作業を受託しています。

テクニカル・アーカイブ「MSS技報」をご覧ください。

  • D-NET対応
    「災害時情報共有システム」の開発

    D-NET対応「災害時情報共有システム」は、JAXA(宇宙航空研究開発機構)航空技術部門の研究で培ってきた災害救援航空機統合運用システム(D-NET2)の情報統合サブシステムの技術を、当社が技術移転を受け、製品化したシステムである。

    JAXA航空技術部門では、災害救援時における航空機による救援活動をより効率的かつ安全に実施するための研究として、災害救援航空機情報共有ネットワーク(D-NET)の研究を行ってきた。2013年からはD-NET2の研究を行っている。

    当社はD-NET2に関する業務(システム開発支援)の受注を通じ、本システムに関する技術を習得した。また、JAXA研究成果としての本システムの有効性を確認し、JAXAより技術移転を受け、製品化を行った。

    本報告では、JAXAより当該システムの技術移転を受けて製品化に至るまでの過程、システムについての説明、及び各種防災訓練での実証等について紹介する。

    Vol.28 2018.3.30

    詳しくはこちら(3.8MB)
  • 受動型SSRを利用した
    航空機動態把握システム開発

    受動型SSR(PSSR)は、電子航法研究所(ENRI)の研究成果であり、空港等で利用されている二次監視レーダ(SSR)と同様な航空機動態(位置情報)データを取得することができる。ENRIの研究成果は、IRT社により高性能/コンパクト/経済的な形で製品化されている。PSSRは、ADS-Bデータを放送しない航空機を含め、航空機動態(位置情報)データを準リアルタイムで把握することができる。今回、ENRIおよびIRT社と連携を取り、PSSRで得た源泉データを航空機動態情報としてインターネットを介し、Webベースでの表示を可能とするシステム(SPACE RADAR)を開発した。これにより、PSSRの観測範囲(覆域)内の航空機動態を漏れなく、準リアルタイムにて確認および提供することができるようになった。本稿では、PSSRの概要および航空機動態把握システムの説明、実業務への応用実績について紹介する。

    Vol.28 2018.3.30

    詳しくはこちら(3.3MB)
  • 航空機の突風応答軽減制御
    シミュレーションソフトウエア開発

    本稿では、独立行政法人宇宙航空研究開発機構が進める、ドップラーライダーを用いた突風応答軽減制御技術の検討のために開発した、航空機のシミュレーションソフトウエアFDSGAを紹介する。FDSGAは、風計測ライダーモデル、及びそれが提供する未来の突風データを用いる予見制御則モデルを含み、航空機の剛体としての6自由度運動を模擬する。FDSGAは、MATLAB/Simulinkを使用したモデルベース設計によって開発された。

    Vol.25 2015.1.31

    詳しくはこちら(452KB)
  • 原子炉建屋内調査用
    マルチロータヘリコプタ向け
    管制ソフトウエアの開発

    大手通販業者の無人配送サービス計画で一躍有名になったマルチロータヘリコプタは、今後、インフラの点検作業やレスキューミッション等、さまざまな分野で幅広く活用されることが期待されている。昨年度、千葉大学が中心となって行っているマルチロータヘリコプタによる原子炉建屋内調査に係る研究開発プロジェクトに参画し、機体の遠隔操縦を行うための管制ソフトウエアを開発した。

    本稿では、マルチロータヘリコプタおよびその遠隔操縦システム全体の概要に触れた後、当社が開発した管制ソフトウエアの構成や機能について説明する。

    Vol.25 2015.1.31

    詳しくはこちら(1,129KB)

お問い合わせ

お問い合わせ
PAGE TOP